吉村研の論文がNature Communに掲載

吉村建二郎研究室と東京学芸大学・飯田研の研究チームは、MCA1とMCA2タンパク質が、植物の機械的刺激のセンサーとしてはたらくことを示し、Nature Communicationsに発表しました。機械的刺激とは力や変形という刺激であり、植物は接触、風、土の硬さなどとして感じます。詳しくは大学のプレスリリースをご覧ください。

フォローする