機械制御システム学科では、機械工学を軸として、幅広い学問分野に関する知識・経験を養います。さらに、システム思考によって統合最適化による社会問題の解決をはかる手段を実践的に身に付けて、社会へ羽ばたいていきます。

そのため、「ものづくり」「ことづくり」に必要な幅広い素養や知見、経験を有しているため、産業界からの信頼も厚いです。本学科の卒業生は、自動車を始めとする輸送用機器、電気機器、精密機器から巨大化学プラント、技術コンサルタント会社、食品や文具など身近なものまで、「ものづくり」「ことづくり」に関わるすべての業界で活躍しています。
また、近年では、大学院教育重点化の流れもあり、学内でも高い大学院内部進学率を誇っています。大学院を修了した学生は、さらに幅広く、より専門性が高い職種で活躍をしています。

学生からのメッセージ


上野 佑理さん

機械制御システム学科 4年在学中
(私立 川村高等学校 出身)
本学大学院 機械工学専攻 進学予定

Q この学科を選んだ理由と学科の魅力は?
機械系の中でも唯一、「宇宙工学」に関する研究室があったことから、この学科を選択。宇宙開発プロジェクト「なよたけ」のメンバーと衛星設計コンテストに出場したり、イギリスの大学とのデザイン系のワークショップに参加したりなど、幅広い学びに取り組んでいます。

Q 印象に残っている授業は?

2年次の「設計製図」では減速機の設計に挑み、歯車の大きさや軸の太さなど全て一から考案。1年次で履修した「加工工学」で得た知識をフルに活用するなど、学びを積み重ねていくことの大切さを実感しました


椎名 凛太郎さん

機械制御システム学科 2年在学中
(私立 川越東高等学校 出身)

Q この学科を選んだ理由と魅力は?
機械系の基礎である機械力学、熱力学、材料力学、流体力学に加えて、システムを構築するのに必要なプログラミング技術が修得したいと考え、この学科を選択。入学後は、学修して得た知識を実際に活用しながら、応用力を身に付けていく授業が多いと感じています。

Q 印象に残っている授業は?
2年次の 「設計製図」 です。複数の部品から構成される機械装置の設計をするのですが、パーツの材質や大きさなど全て自分で決めていきます。1年次の基礎学修がしっかりと定着した実感がありました。


伊藤 直也さん

機械制御システム学科卒業後、本学大学院修士課程修了(2009年3月)
進路:株式会社ニコン

Q この学科を選んだ理由と魅力は?
私は、大学ではロボットの機構や制御について勉強をしたいと、漠然とですがそんな思いがありました。機械制御システム学科では、機械の勉強だけでなく、それらを取り巻くシステムを含めた総合的な学習が可能であった点は、進学理由として大きいです。
学科の講義では、機械の基礎的な部分から、ロボットや自動車、医療・福祉関連などの応用分野まで勉強することができました。また課外活動では、学部共通の科目である「創る」や「システム工学」で出会った友人たちと、新設された学生プロジェクトの制度を利用して、二足歩行ロボット大会を開催し、一緒になってイベントを創り、盛り上げることができました。そのメンバーとは今でも連絡を取り合い、年に1度は集まる貴重な友人関係となっています。
大学4年からの研究室生活は3年間の講義と違い、はじめは戸惑うことも多かったですが、研究に夢中になると泊まり込みでやることも多々ありました。研究に詰まった際の先生からの一言「飲もう!」は、良い思い出です。

Q 後輩へのメッセージ
大学時代というのは、何をするにもじっくり時間を取ることがでる貴重な期間です。勉強、遊びにアルバイトなど、いろいろなことにチャレンジしてみてください。そこから得られた知識や経験、そして友人関係は、きっと未来の自分への大きな助けとなります。自ら考えて実行し、楽しいキャンパスライフを過ごしてみてください。


和田 卓士さん

機械制御システム学科卒業後、本学大学院修士課程修了(2007年3月)
進路:株式会社本田技術研究所

Q この学科を選んだ理由と魅力は?
私が高校生の頃、今から10年以上も前になりますが、当時2足歩行ロボットに注目が集まり始めた時代で当時の私は将来自分もそんな新しい機械を生み出す技術者になりたいと夢を描いていました。とにかく早く専門的知識をつけて好きなことを勉強したい、それができる環境の大学に行こうと思い、芝浦工業大学の機械制御システム学科を選んだとこを覚えています。
大学では機械設計から電気回路の知識やシステム工学、ロボットなどを制御する制御工学の知識など物づくりに必要な知識を広く学ぶことができました。研究室に配属してからは一人乗り用のモビリティの研究をしていましたがその研究でシステムの設計からシミュレーション、実機作成まで一貫して行えたことは非常に楽しい経験でした。
現在の私は車の電動パワーステアリングのコントロールユニットの研究開発を行っています。自分の専門知識を生かし、より快適でより安全な車作りの為に日々仕事ができる日々は充実しています。

Q 後輩へのメッセージ
色々な世界に飛び出して多くの人に出会い知識を吸収していける人になってください。私は大学院のとき1年間大学を休学してヨーロッパの大学で研究留学をしていましたが、そのときに出会った色々な分野の人との出会いが自分を強くしてくれたと思っています。是非自分から興味のある世界に飛び出してください。