^ 機械制御システム学科 伊藤研究室

環境システム制御研究室

システム制御理論を通じて
人と機械と環境の調和を実現する

我々が作る機械やシステムは、それを使う人と置かれた環境の両方にとって快適なものでなければなりません。
当研究室では、人が使いやすく、置かれた環境への負荷が小さく,環境の変化に強い制御システムをどのように
設計すればよいかをシステム制御理論に基づいて提案し、実験を通してその効果を検証する研究を行っています。

特に、水道の水で動く人工筋、食物栽培用温室内の統合環境制御、従来捨てられていたエネルギーを回収・回生
できる新しい駆動システムを持つ建設機械、農作業で非常に手間の掛かる除草ロボット、ドラムやクラリネットの
練習システムに代表される楽器との関わりあいを意識したシステムとその実用化を目指しています。

Home

研究概要

水道水圧駆動型人工筋によるモデルフリー適応変位制御
水道水圧駆動人工筋のセンサレス変位制御
スパース同定を利用した水道水圧駆動人工筋のモデル化
建設機械の省エネルギ制御

作物栽培用温室の温湿度制御
除草のための自律走行ロボットの開発
農業用搬送台車の自律移動制御システムの設計

視覚障害者向け誘導システムの開発
ドラム等非楽音の打音推定システムの開発
クラリネットの効果的な練習システムの提案